気になる服装について

小さい子どもがいるお母さんは、学校行事の参加が楽しみの1つでもあります。しかし、学校行事の時に悩むのが服装選び。ここでは、日本中のお母さんが気にする、服装選びが難しい学校行事ランキングを紹介しています。また、なぜ妊娠中にマタニティウェアを着ると良いのか、その利点も知っておきましょう。

こちらもチェック

女性のシルエット

おしゃれの基本

おしゃれをしたいけど、どこに気をつければおしゃれになるのか分からない方のために、知っておいて損はないおしゃれの基本事項についてまとめました。

READ MORE

服装選びが難しい学校行事ランキング

no.1

運動会

子どもの学校行事にはどんな服で行けばいいのか、多くの方が悩みます。その中でも、最も服装選びが難しい学校行事は運動会です。フォーマルではダメだし、かといってカジュアルすぎると周りの保護者の目が気になることもあります。服装選びが一番難しい学校行事といえます。

no.2

PTA役員会

2番目に服装選びが難しい学校行事は、PTA総会です。新学期のPTA総会では、まだ知らない先生方や、保護者の方々と初めて喋る機会になります。そのため、印象が良い服装を選びましょう。チョイスを間違えてしまうと、話しかけづらい雰囲気を出すこともあります。

no.3

親子遠足会

親子の遠足会は服装選びが難しい学校行事の1つです。遠足ということで、動きやすく着心地の良い服装で行くことは必須ですが、ラフすぎると、周りの保護者の方々の目が気になります。トップスやパンツは動いても快適な服装にして、そこにちょっとした小物を加えてみるのも1つの手です。

no.4

卒園式・卒業式

限られた子ども時代の大きな節目である卒園式や卒業式はフォーマルなスーツが最適です。ですが、フォーマルな服装は日常生活では着ることがないので、かえって服装選びが難しくなります。おしゃれ感を演出しつつ上品な雰囲気を出すことを意識してみましょう。

no.5

授業参観

頻度が多い授業参観ですが、多くの保護者の方々がいるので周りの目が気になり、服装選びに悩みます。堅くしすぎると浮いてしまいますが、清潔感と上品さは必要です。バランスを意識して服装を選んでみましょう。おしゃれなブランドの例として、nano universeなどがあります。

[PR]

マタニティウェアなら専門店をチェック!
授乳がラクにできるアイテムをピックアップ!

卒園式のスーツを買おう!
お得なものがてんこ盛り★

マタニティウェアの利点

レディ

体型変化でシルエットが崩れない

妊娠期間中に気になるのは、どのような服装を着ればいいのか、ということです。大きめのワンピースや、ゆるめの服を着ている方は多くいますが、妊娠期間中には専用のマタニティウェアを着るといくつものメリットがあります。大きなメリットの1つに、体型が変化してもシルエットが崩れないことが挙げられます。マタニティウェアは妊娠中の女性専用に作られているので、お腹の中の子が成長し、お腹が大きくなっても他の服と違いシルエットがあまり変わりません。そのため、1着でも長い間着ることができ、自然な見た目なので外に出る時も安心して出かけることができます。

妊婦だと周りの方が気づく

マタニティウェアを着ていると、外に出かける時に周りの方にも妊婦だということを伝えることができます。そのため、電車やバスで席を譲ってもらえたり体調不良でしゃがみこんだ時などに声をかけてくれたりする可能性が増えます。マタニティウェアは口に出さずに、知らない人へ伝えるための大きな役割を持っているのです。

身体への負担を減らす

マタニティウェアは妊娠期間中の女性専用に作られているので、妊婦が少しでも快適に過ごせるような工夫や機能が十分になされています。ただでさえ大変なことが多い妊娠中には、マタニティウェアを着ることで身体への負担を減らし、お母さん本人だけではなく、お腹の中の赤ちゃんにも健康的に過ごしてもらうことができます。このようにマタニティウェアにはいくつものメリットがあります。お腹に赤ちゃんがいる人はマタニティウェアを着用するようにしましょう。

[PR]

広告募集中